セロ・アルト ラ・ウニオン SL28 ナチュラル

セロ・アルト ラ・ウニオン SL28 ナチュラル

通常価格
¥2,500
販売価格
¥2,500
通常価格
¥1,700
売り切れ
単価
あたり 
税込

味の傾向:マイルド系

オススメロースト:シティ1

コメント:酸味系の個性的な香りですが飲むと非常にマイルドで味の複雑性、後味の良さはCOE入賞豆と遜色ありません。リピーター殺到のため追加オーダー依頼中。

詳細情報

国名   :コスタリカ

エリア  :セントラル・バレー、エレディア、サン・ラファエル

農園   :セロ・アルト ミル/ラ・ウニオン農園

標高   :1,500 m

豆の種類 :SL28

精製方法 :ナチュラル

 

カッピングプロファイル

ラム、ストロベリー、プルーン、グレープ、マーマレード、ミルクチョコレート、ブライトオレンジ、ラクティク、バタリーマウスフィール、ロングアフターテイスト、

セロ・アルトの歴史

セロ・アルト ミルは、2006年に稼働したマイクロミルで、フェルナンド・エリアス氏とシルビア・エレナ女史の兄妹によって運営されています。コーヒー生産自体の歴史は非常に古く約80年の歴史を持ち、曾祖父のマヌエル・エリアス・カマチョ・エルナンデス氏の手で開拓されました。当時はこの地に食料品の小さな市場があったことからLa Pulpería農園(食料品店の農園)と名付け、畜産や野菜生産の傍ら、コーヒーの生産も行っていました。こうした様々な農産物を作っている事から、後にLa Union農園と名前を変えたそうです。その後、一度コーヒーの生産をやめて畜産のみを行ってきましたが、最終的に現在のコーヒー農園1つの形になったと言います。

 マイクロミル設立後は、『品質』『環境』『社会性』の3つを柱として、厳密なトレーサビリティ管理の下で年間40ほどのマイクロロットを生産しています。農園主のフェルナンド氏は『それぞれのマイクロロットには土壌環境や品種、パルピング工程、乾燥工程など独自のストーリーが存在します。その1つ1つの意味する事を検証する事で、品質に対してベストなレシピが生まれます』とコーヒー生産のポリシーを語ってくれました。

徹底したトレーサビリティを活かしたナチュラル

徹底したトレーサビリティを活かしたナチュラル

その言葉の通り生産した全てのロットは、トレーサビリティ管理の意図を十分に活かして、ロットごとに土壌や葉の分析が行われ、品質についてもフィードバックをもらいながら、土壌バランスの調整・収穫のタイミング・手入れの方法・生産処理・乾燥方法などを試行錯誤してきました。

そして、ナチュラルプロセス1つをとっても幾通りかのレシピをつくり、品種や天候、収穫期の状況に応じてどのような乾燥方法が適しているか、それぞれの品種にとってベストな収穫のタイミングやミューシレージの厚さを考慮した適切な乾燥方法はどのような方法か。と、5年ほど試行錯誤を繰り返し、ようやく納得のいくクオリティを達成する為のいくつかのポイントや組み合わせ方が見えてきたと言います。

作り方自体には決して突飛で派手な方法は持ち込まず、堅実に1つ1つのロットに対して向き合う事が大切。そして、自分が育てているコーヒーと農園を信じきる事が良いコーヒーを作る秘訣だと語ります。

 

Emblematic Coffee of Costa Rica

Emblematic Coffee of Costa Rica

同じ気候の1年は存在せず、毎年異なる気候条件の下でコーヒーの生産は行われています。その年に敬意を払い、その年に合った生産やプロセスを施すことが生産者の技術であり、大切な事だと教わりました。

スペックや品種の希少性のみに囚われることなく、生産者が持てる技術を投じて自信を持って作ったコーヒーだからこそ、生産者と消費者の成長、そして良好な信頼関係が育まれると信じています。

Emblematic Coffee of Costa Ricaは、こうした信頼関係の原点に立ち返り、生産者・ミル・気候と生育条件、そして土壌のキャラクターそれぞれの“らしさ”を表現し、生産者自身が自分たちの顔だと象徴するコーヒー(Emblematic Coffee)を伝えたいと立ち上げたプロジェクトです。
その類い稀な風味特性の裏側に、生産者の想いが色濃く表現されたコーヒーをお届けします。

2022年コメント

他にない個性的な風味
今年は独特の発酵感が特徴的で、ラム酒のような少しアルコリックな風味特性とストロベリーやブドウ、マーマレードなどフルーティさが複雑に交差した個性的な風味を感じました。一癖ある風味のコーヒー、強い個性を持ったコーヒーをお探しの方は、是非1度お試しいただきたいロットです。
こうした個性がある一方で、カップ自体は非常にクリーンで酸の明るさや、そのオレンジや少し乳酸のような要素が感じ取れ、明瞭さが損なわれずにヨゴレを感じない点にCero Altoのナチュラルに対するこだわりとノウハウを感じます。
はっきりとした個性ゆえに好みのバランスになるように焙煎で試したくなることも多々出てくるように思います。様々にお試しいただき、試行錯誤も楽しんで頂けましたら幸いです。