エチオピア ベンチ・マジ G-1 ゲシャ地区 アナエロビックナチュラル

通常価格
¥1,900
販売価格
¥1,900
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込

味の傾向:酸味系

オススメロースト:ハイロースト2

コメント:イルガチャフィ独特の香りとフローラル系の酸味。さらに好き嫌いが分かれますが中毒性抜群。

 

詳細情報

国名   :エチオピア

エリア  :ベンチ・マジ、ゲシャ地区

農園   :トラコン・ベンチ・マジ・ウォッシングステーション

標高   :1,700〜1,850m

豆の種類 :原生品種

精製方法 :アナエロビックナチュラル 産地側での包装不備につきバキュームオフとなっています。

 カッピングプロファイルフローラル、ストロベリー、レッドワイン、レーズン、ストーンフルーツ、ダークチョコレート、タータリック、スムースマウスフィール、ロングアフターテイスト


ベンチ・マジ・ウォッシングステーション

このコーヒーは、ベンチ・マジ、ゲシャ地区に暮らす500名の小規模生産者とトラコン社の直営農園で生産したチェリーから作られています。トラコン社はこの地に小さな自社農園を持っており、この地に暮らす農民へのアドバイスや生産技術の伝搬の為に主に農園を活用しています。

2017年に近隣にゲシャ・ヴィレッジという新しい農園が登場し、一気に注目を集める同地ベンチ・マジ、ゲシャ地区。これまで注目をされてこなかった南西部のコーヒーは、温暖な気候や豊かな自然環境と生態系を基礎として、素晴らしい風味を持つコーヒー産地として知られるようになりました。

トラコン社も水洗向上と自社の農園を所有し、これまでスポットの当たらなかったこの地域のコーヒーを、そして生産者の暮らしに変化を齎そうと挑戦をしています。スペシャルティコーヒーの生産を通して、学校や保健所、道路や橋の建設資金に充てるなど、生産者自身が参加する形で、さまざまな社会・地域開発プログラムに取り組んでいます。

TRACON TRADING

TRACON TRADING

トラコントレーディングはエチオピアの輸出業者のひとつです。エチオピアにとってコーヒーは、もっとも重要な農作物であり外貨獲得のための換金作物でもあります。トラコントレーディングではそのようなコーヒーに注目し、ヨーロッパやアメリカ、東洋、中東のスペシャルティコーヒー市場にエチオピアのコーヒーを輸出しています。
 また、エチオピア国内において6つのウォッシングステーションを構え、イルガチェフェとLimmu(リム)エリアには環境に配慮したウォッシングステーションを所有。品質の向上、認証の取得などを掲げ、持続的で高品質なコーヒー生産を目指いしています。
 そして、最高品質のコーヒーを提供し、エチオピアのコーヒー業界をけん引する企業となること、国際的に認知される企業をなることをビジョンとして掲げています。
 近年はエチオピアにおいてもCup of Excellenceが開催され、Tracon TradingもCOE受賞を果たし、高品質なスペシャルティコーヒーへ様々なチャレンジを日々行っています。

嫌気性発酵への挑戦

嫌気性発酵への挑戦

トラコン・トレーディングでは、高品質なコーヒー、そしてユニークな風味を持つコーヒーの生産を目指して、近年世界的に注目をされている嫌気性発酵にも取り組んでいます。

(1)収穫したチェリーの再選別を行い、赤い熟したチェリーのみに分けます。
(2)再選別したチェリーを水を入れたタンクに投入し、フローター(比重の軽いチェリー)や浮遊物を取り除きます。
(3)一度、アフリカンベッドに移動し、チェリーを乾かします。(乾燥ではなく排水の意味合いが強いです)
(4)コーヒー豆をステンレスタンクかビニール袋(布団圧縮袋のような袋)に入れて酸素を脱気し発酵プロセスを開始します。
(5)昼夜の発酵具合と温度に注意しながら、内部に発生したガスを抜いていきます。
(6)発酵時間はミューシレージの量や温度によって変更させますが
3-7日かけて行われます。
(7)豆のpH値と色味、香りを確認しながら最終的な判断をし、完了したらアフリカンベッドで乾燥工程に移ります。

 

2022年カッピングコメント

発酵感のはっきりした風味
昨年のベロヤアナエロビックに比べますとプロセス由来のワイニー感や独特の発酵感のある特徴的な風味特性に仕上がっています。また、粘性感のあるマウスフィールや長くフローラルな余韻もあり、ジャムのような印象を受けました。
アナエロビックは焙煎でも変化が大きく、またエージングの経過でも大きく変化した印象を受けました。焼きが進んでしまいますと大味な風味になってしまうかと思いますので、酸の明るさや甘さの印象度などを気にして調整頂くと、プロファイルも作りやすいかと存じます。同じベンチ・マジのゲシャ・ヴィレッジの方が品種問わずさすがに洗練されていますが、地域生産者の新しい取り組みとして、また味作り含めて様々楽しんで頂けましたら幸いです。