【限定豆】コロンビアCOE ♯19 ラ・ミナ農園

【限定豆】コロンビアCOE ♯19 ラ・ミナ農園

通常価格
¥1,900
販売価格
¥1,900
通常価格
¥2,500
売り切れ
単価
あたり 
税込

 

味の傾向:マイルド系 +酸味

オススメロースト:シティ1〜シティ2まで  or ハイロースト

コメント:2回目の入荷です。(エチオピアグジのワイルドな酸味とすると)非常に上品な酸味と後味の良さ、味の複雑さを楽しめる酸味系が好きな方はぜひお試し頂きたい逸品です。気持ち深いシティロースト2で飲み当たりブラウンシュガーと紅茶のような香りが楽しめます。

詳細情報

国名    :コロンビア

エリア  :ナリーニョ

農園   :ラ・ミナ農園

標高   :2,100m

豆の種類 :カトゥーラ、カスティーリョ、コロンビア

精製方法 :ウォッシュド

Colombia Cup of Excellence 2023 19位(Score:87.78)

ラ・ミナ農園

ラ・ミナ農園を営むジェイソンさんは、22歳の若き生産者の1人です。サッカー選手だった彼はCovid-19によるパンデミックをきっかけにサッカー界を引退し、コーヒーの世界に足を踏み入れました。自身が生まれたナリーニョの町に戻り、この地で長年コーヒーの生産に携わってきた父や祖父のもとで働き始め、コーヒー生産に魅了されます。そんな彼がコーヒー生産者として抱いた目標の1つがCup of Excellenceの受賞でした。

自身が生産したコーヒーの品質が国際的に評価され、オークションにかけられるコンペティション。それがどんなものなのか、どうすれば参加できるのか、品質を高めるにはどうすればよいのか、彼はCup of Excellenceを1つの目標として、コーヒー生産に没頭したと語ります。そんな目標の下で、コンペティションに自分自身が参加できるように、祖父から農園の管理やコーヒー生産の多くを学び、少しずつ自分の手でコーヒー生産ができるようになりました。

そして、2022年。Cup of Excellenceのコンペティションにエントリー。残念ながらCup of Excellenceを受賞する事はできませんでしたが、国内審査を通過し、ベスト40のロットの1つとして国際審査ステージまで進むと言う大きな前進がありました。

更なる上を目指して

更なる上を目指して

今年は、コーヒーの発酵工程を改善のテーマとして、改めて適切な発酵工程とは何かを学びなおし、また祖父や父の知識・経験を融合させて、発酵工程や生産処理プロセスを発展させ、献身的に取り組んできました。その結果、目標だったCup of Excellenceで19位という素晴らしい評価で入賞したことが心から嬉しく、コーヒーの道を歩んでいく大きなモチベーションが湧いたと言います。

ガールフレンドのレシュリー・レイナさんと共に、22歳の二人はこのスペシャルティコーヒーの世界で歩みを続け、学びを続け、向上し、来年はより高い順位に到達できるようにしたいと強い決意を見せてくれています。

コロンビアCOE2023

コロンビアCOE2023

2023年のコロンビアCup of Excellenceは、2023年9月26日~29日にかけて首都ボゴタのASECC事務所にて国際審査会が催されました。(ASECC: Asociación Colombiana para la Excelencia del Café)
2023年はTolima、Huila、Narino、Antioquia 等のコロンビア中部エリア、及び南部エリア産が出品ロットの中心となり、総計178ロットが出品されました。9月に国際審査会に先立ち行われた国内審査にて40ロットが選出。その後、国際審査会にて3回のカッピングセッションを経て87点以上の評価が下された28のロットが見事にCup of Excellenceを獲得しました。Cup of Excellenceのオークションは、2023年11月21日に行われ、前年を大きく上回る応札の中、世界のコーヒーバイヤーによって落札されました。

ASECC(コロンビア・コーヒーエクセレンス協会)は、2017年に当時存続が危ぶまれていた国内のコーヒーコンペティションを継続するべく、高品質なコーヒーの生産を推進するコロンビア国内のドライミルや輸出事業者らが中心となり設立された団体です。Cup of Excellenceの主催組織というだけでなく、カッパーやバリスタの育成や農園へのトレーニングなどコーヒーを取り巻く様々な分野で委員会を設立し活動を行っています。

 

2024年カッピングコメント

フルーティで優しい風味フルーティな甘さが際立っており、アプリコットやレモン、パイナップルなど多様なアロマ・フレーバーを持つ印象でした。伝統的なウォッシュドコーヒーではありますが、熟度の良さがしっかりと感じられ、COEらしい心地よいフルーティさが楽しめます。マウスフィールのしっとりとした質感も心地よく、柔らかなバンスの良質な銘柄に仕上がっていると思います。

 

Cup of Excellence2023審査会でのカップコメント

OverallFloral, Lemongrass, Apple, Aromatic, Berries, Berry, Black Tea, Blueberry, Brown Spice, Caramelized, Chamomile, Cocoa, Crisp, Dark Chocolate
Aroma / FlavorBrown Sugar, Caramel, Chocolate, Citric Acid, Floral, Lemongrass, Apple, Berries, Black Tea, Blueberry, Brown Spice, Caramelized, Chamomile, Cocoa, Crisp, Dark Chocolate, Elegant, Golden Raisin, Grape, Grapefruit, Guava, Honey, Intense, Juice, Leche, Lemon & Lime, Lima, Longevity, Malic Acid, Mandarin Orange, Mango, Melon, Honey, Milk Chocolate, Mixed berries, Orange, Orange bright, Pear, Pineapple, Pommel, Red Apple, Red fruit, Red Grape, Roasted nuts, Sweet & Sugary, Sweet medium and ginger like
AcidityCitric Acid, Apple, Crisp, Elegant, Guava, Lime, Malic Acid, Naranja, Bright Orange, Pear